褐色脂肪細胞を活性化させて痩せ体質に!

「褐色脂肪細胞」とは脂肪を燃焼して消費をする機能を持つ細胞で最近では肥満の予防にすごく大きな影響があると言われています。

体には2つの脂肪細胞、「白色脂肪細胞」と「褐色脂肪細胞」があります。

「白色脂肪細胞」は脂肪をためる機能を持つ細胞、「褐色脂肪細胞」はエネルギー消費や燃焼機能を持っており、また白色脂肪細胞を小さくする働きがあります。

よく耳にする「痩せやすい体質」は、どういう人を表すかと言うと褐色脂肪細胞が多い人とも言えます!

反対に太りやすい体質の人は褐色脂肪細胞が少ない人となります。

なので痩せやすい体質に体を持っていくためには、

褐色脂肪細胞を優位にすればいいのですが、この褐色脂肪細胞組織が特に多く存在する場所があります。

それは「背中」です!

背中に筋肉量がある人、肩甲骨の動きがスムーズな人は一般的に痩せている人が多いです。

スポーツでも特に背中の筋肉を使うスポーツと言えば水泳やボクシングがあります。

水泳している人でめちゃくちゃ太っている人はあんまりいないですし、元ボクシングの世界チャンピオンにもそんなに太っている人はいないですよね。

理由としては「褐色脂肪細胞」が人よりも多いから。

なので、

体重を落としたい・スリムな体になりたい・痩せ体質になりたいという方は是非、背中のトレーニングや肩甲骨の使い方を意識されると褐色脂肪細胞に働きかけ、代謝アップの身体になることが出来ます。


【教室のご案内】

1月29日(土) シェイプアップボクシングを行います。
18時~女性限定
19時~男性限定

場所 もみじ温泉

参加費1000円
持ち物 飲み物・軍手・体育館シューズ

初心者の方でも参加いただける教室となっており、肩甲骨を意識したパンチ練習やお互いにグローブとミットを付けてのミット打ちなどをしますので、肩こりや首こりの解消に非常に効果的です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる